2011年03月18日

地震(゜∀゜)

事態は深刻である。

地震、津波、原発暴走。
最悪なものが連続して起きたこの大事。

被災地は最悪の極み、そしてその近辺にも被害が出てくる。

正直、自分には関係ないと思った矢先、静岡でも地震発生。

さすがに来たか・・・ついに来やがったかと・・・

次の日スーパー剣心に出社すると、1時間後(開店1時間前)
客が殺到している。

アレだけ東京の食品が地震により入手困難だとメディアで報道されれば、まずは自分達の食糧確保にヤッキになるのがあたりまえ。

地震が起きてまず求める食材は保存食、レトルト食品、カップ麺、水、米、菓子。
飛ぶように売れていく。。。
果物、野菜、肉、魚は弁当などは保存がきかないので今まで通り。

それだけならいいのだが、地震の被害によりあちらさんの食品メーカーからの供給が完全にストップ。
問屋の在庫もきりがあり、飛ぶように売れる物に対して供給が間に合わない状況。

普段のように買う分には何の問題もないのだが、買占め、買いだめなどにより、店頭在庫がすぐさま底をつく。

それに加えガソリン制限、主幹線道路の交通制限。
日本の物流はトラック運送でもっているようなものなので、燃料、道路の制限により向こうからの運輸ができない状況になると終わったも同然。
ちなみに大手メイカーの食品、米などは腐るほどの生産をしていて原料さえあるものの運ぶ手段が無い事態になっている。
メイカー在庫があったとしても被災地に優先的に回すよう政府から指示が来ている。

後は地震の被害により運営できない工場が多々。
食品がスーパーの店頭に並ぶには、原料、それを入れる箱やカップ、そしてそれを運ぶための段ボールなどの梱包資材とトラックが必要。
カップ麺に例えると、麺、カヤク、容器、段ボールこれらは違う工場で作られている。
それが最終的に大手メイカーの工場で商品となる。

つまりどれか一つの工場がつぶれたり、地震の被災地の近くで運営を止めていたりすると商品はなりたたない。

近頃のスーパー剣心は毎日クソ忙しい。
異常に押し詰める客。すぐさまなくなる商品、客に怒られる剣心、
商品を手配しようとヤッキになるものの出荷制限により手に入らない。
本部からはあーしろこうしろとEメールでの支持や電話がひっきりなし。
休む暇が無い(´A`)

日本って案外もろいのかな・・・と思ったり。

いつこの緊迫した状況が解けるのか。
まぁ被災地の方たちに比べれば左うちわなもんですけどね。

明日も一日無事に終わりますように。
もう『揺れ』だけにはマジ簡弁orz
posted by おろあき at 00:02| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
剣心がブログを更新したとなればコメントせざるをえない!

>明日も一日無事に終わりますように。

まさに毎日これだけで生きています。
Posted by 栗 at 2011年03月20日 20:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。